「大雪・風雪・波浪・なだれ注意報」 小寒の小樽市内 (2011/01/06)

0106.jpg オホーツク海で急速に発達する低気圧の影響で、北海道付近は冬型の気圧配置が強まり、札幌管区気象台は、小寒の小樽市内に「大雪・風雪・波浪・なだれ注意報」を発表している。

 同気象台は、6日(木)昼過ぎから7日(金)朝にかけて、市内の12時間最大降雪量を30cmと予想。風のピークは6日(木)夕方で、北西の風で最大風速は陸上13m、海上20m。波のピークは昼過ぎで波高4m。降雪による交通障害に注意を呼びかけている。

 この荒天の影響で、新日本海フェリーの舞鶴-小樽間が遅延となっている。

 市民たちは、早朝から雪かきに追われた。通勤中の会社員は、「正月は穏やかだったのに、仕事始めから雪になった」と肩を丸めながら足早に去って行った。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


火災防御訓練!ラポールなんたる

元気な小樽に乾杯!ワインカーニバル復活版

元気な小樽をアピール!国内外へ発信

「小樽写真散歩」《定山渓と恵庭渓谷紅葉狩り》

アザラシの引越し!おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈