雪降る小樽にマンドリンの音 商大サークル演奏会 (2010/11/28)

 11月28日(日)、小樽市民会館(花園5)の大ホールから、雪降る小樽にマンドリンの音色が広がった。

 創部42年を迎える小樽商科大学のマンドリンサークル「プレクトラム・アンサンブル」(吉岡明夏代表・3年)の定期演奏会。部員49名(男子22名・女子27名)。

 今年は、「マンドリンを通じて地元小樽を元気にしたい」と、この定期演奏会のPRも兼ねて、市内のイベントや老人ホーム、小学校などでの出張演奏に積極的に取り組んできた。

 演奏会は3部構成で、カルメン組曲、サンタルチア幻想曲、忘れられし夢など6曲を演奏し、心地良い音色を奏でた。同部OBをはじめ市民など約500人の聴衆が集まり、プレクトラム・アンサンブルの響きに耳を傾けていた。

 指揮者・藤沢真佑さん(3年)は、「定期演奏会をもって、私を中心に活動することは最後になりますが、12月以降にも出張演奏をしに来て欲しいという依頼も来ており、これからもプレクトラム・アンサンブルの魅力を小樽の方々に伝えられるよう、後輩たちと出張演奏という活動は続けていきたい」としている。

 関連記事

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


最高気温21℃ 小樽で桜咲き始める

全道火災予防運動!フェリーターミナルで訓練

4/20郵政記念日 小樽でも記念イベント

4月19日"飼育の日" おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈