「暴風、波浪警報」 強い風雪続く (2010/11/28)

1128.jpg 発達した低気圧の影響で北海道は冬型の気圧配置が強まり、28日(日)の小樽市内は、断続的に強い風雪が続いている。

 札幌管区気象台は、「日本海北部にある低気圧からのびる前線が北海道を通過中です。前線の通過後は真冬並みの寒気が流れ込み、29日にかけて冬型の気圧配置が強まるでしょう」と、暴風、波浪警報を出している。

 28日(日)の同気象台のアメダスでは、まだ積雪深はゼロcmとなっているが、強い風雪の影響で、市内は真っ白な冬景色となり、家の屋根や車には雪が積もっている。歩行者は、前面に傘をさすなどし、強い風とともに舞う雪を避けながら、急ぎ足で目的地に向かっている。

 28日(日)から30日(火)までは雪の予報で、30日(火)は特に風雪が強いとしている。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


小林多喜二没後85年!命日に墓前祭

雪かき選手権2連覇!"えちごまさ雪"優勝

雪遊びに笑顔!手宮中央小PTA雪まつり

2018.02.14小樽市長定例記者会見

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈