港町に破壊音 旧港湾合同庁舎の解体工事 (2010/11/15)

 小樽港第3号ふ頭基部にある旧港湾合同庁舎(港町5)の外壁の解体工事が、11月15日(月)から本格的に始まった。早朝から鉄骨コンクリートの外壁の破壊音が、港町周辺に広がった。

 旧庁舎の解体工事は、6月9日から来年3月11日までの工期。財務省北海道財務局が1億2,332万2,500円で岩倉建設株式会社(札幌)に発注した。

 15日(月)から外壁の解体が始まった。重機によって、札幌側の鉄骨コンクリートや窓ガラスなどから次々に破壊。ホコリを捲き上げながら、急ピッチで作業が進められ、港町周辺には、大きな破壊音が広がっている。

 地上部分の解体を終えると、地下部分の解体が始まり、2月中には終了する見込み。解体後の土地6,200平米は、市が所有することになっている。市産業港湾部港湾室では、「多目的広場」としての利用を模索している。

 関連記事

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


心に響くパフォーマンス!小樽太鼓フェス

第8回歩くスキーと雪あそびの集い

ゴマフアザラシ"モエ"初産!おたる水族館

後志管内24団体集結!吹奏楽フェスティバル

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈