「マンドリンを通じて小樽を元気にしたい」 商大生が出張演奏 (2010/09/17)

mandolin1.jpg 小樽商科大学プレクトラム・アンサンブル(吉岡明夏代表・3年)は、「マンドリンを通じて地元小樽を元気にしたい」と、市内のイベントや老人ホーム、小学校などでの出張演奏活動に取り組んでいる。

 創部42年を迎えるマンドリンサークル。マンドリンは、無花果を2つに割った片方のような形をした楽器で、同サークルは、マンドリン・マンドラ・マンドセロ・クラシックギター・コントラバスの5種類で、心地よい音を奏でる。現在男子22名・女子27名の計49名で活動している。

 「岩見沢の大きな会場で合同演奏会が開かれたが、お客さんよりも空いている席の方が多かった。私たちの定期演奏会には、たくさんの市民の方々が足を 運んで、マンドリンに親しんでもらいたい」(指揮者・藤沢真佑さん・3年)と、市内各所で出張演奏をすることを決めた。11月28日(日)に市民会館で開催する定期演奏会のPRを兼ねており、創部42年以来はじめて。

 出張演奏は、30分から1時間程度で、要望によって昭和の歌謡曲からポップス、クラシックなど幅広いジャンルの音楽を演奏する。出演者は10人前後。特別な機材は必要なく、交通の便が悪いところについては「コントラバスを積むワゴン車を手配して頂けるとありがたい」という。

 現在、「秋のみやこ市 アートストリートin都通り」への出演が決定しており、23日(木)・24日(金)の2日間、12:00~12:30と14:00~14:30の2回演奏する。FMおたるの番組にも出演が決まっている。

 「山のてっぺんにいても誰も来てくれないので、自分たちが街に降りて、PRも兼ねてだけど、小樽の街にマンドリンの音色を響かせ、親しみをもってもらえるように頑張りたい」。(写真提供:小樽商科大学プレクトラム・アンサンブル)

 出張依頼は、090-5229-8534

 小樽商科大学プレクトラム・アンサンブルHP

mandolin2.jpg

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


夏を満喫!いかだレース大会

6,000基の灯篭に祈り!おぼん万灯会

みんなで盆踊り!龍宮神社境内で復活

艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈