ロシア極東ダンススポーツ大会入賞 菅原・奥田ペア (2010/09/14)

dance.jpg ダンスうんどう塾・本部(小林英夫塾長)の菅原一樹くん(量徳小6・12)と奥田優衣さん(菁園中3・14)のペアが、9月11日 (土)・12日(日)の2日間、ロシア極東都市のフォキノで開かれた「ジュニアダンススポーツチャンピオンシップス」で、12組の強豪極東選手の中から入賞(4位)の成績を収めた。

 今年7月長野県で開かれた「第5回オールジャパン・ジュニアダンススポーツ選手権大会」でナホトカ市の選手を招待したことが縁で、小樽の菅原・奥田ペアが極東大会に参加することになった。

 2人 は、昨年6月にペアを組み、7月にはウラジオストクのロシア大会に出場。2回目のロシア大会となった11日(土)・12日(日)は、ジュニア2(14・15歳)で、ワルツ・タンゴなどのスタンダード、サンバ・ルンバなどのラテン、総合の3種目に出場.。スタンダードで、強豪選手たちの中から入賞を勝ち取った。

 「優勝を狙っていたが、簡単にはいかなかった。会場の盛り上がりや大会途中にコンサートがあったり、日本の大会とは違う雰囲気で、ゆったりと落ち着いて踊ることが出来た。すごく勉強になった」と笑みを浮かべる。

 指導者の小林塾長は、「研ぎ澄まされた魅力や高い技術力を求められる競技で、艶美(えんび)の似合う極東選手の中で入賞出来たことは素晴らしいこと」と評価する。

 菅原・奥田ペアは、東京やハバロフスクで開かれる大会にも出場予定で、「優勝したい」と意気込んでいる。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


奥沢水源地ライトアップ!5周年記念花火

自慢の喉を披露!北海浜節全国大会

潮見ヶ岡秋季例大祭! 桜町中吹奏楽部出演

大型台風18号北海道縦断〜小樽

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈