小樽市室内プールの早期建設を 存続求める会が陳情 (2010/09/06)

 「小樽市室内水泳プールの存続を求める会」(小田原温子会長)は、9月6日(月)、新「小樽市室内水泳プール」の早期建設促進を求め、12,087筆の署名とともに陳情書869件を小樽市議会(見楚谷登志議長)に提出した。

 同会は、JR小樽駅前の旧サンビル2階にあった小樽市室内水泳プールの閉鎖方針を受け、2006(平成18)年に発足。同年の第3回定例会までに、「小樽市室内水泳プール」の存続を求め署名36,000筆・陳情書254件を集め、小樽市議会に提出したが、不採択となった。

 この後、2007(平成19)年第1回定例会までに、室内水泳プールの早期建設を求め、陳情書2,031件を提出したが、市議会議員の任期満了によって審議未了・廃案。

 小樽市では、「第6次総合計画」の前期実施計画で、新・市民プール整備事業(2,800万円)を盛り込み、2013(平成25)年度までに基本設計・実施設計を行うとした。

 これを受け、同会は、2013(平成25)年度までに工事着工に入ることと、場所や施設規模について関係者や市民団体と協議を始めることの2点を 求め、9月6日(月)、12,087筆の署名とともに陳情書869件を市議会に提出した。

 小田原会長は、「この6年間で、旧小樽市室内水泳プールの存続方、新小樽市室内水泳プールの早期建設方陳情書を合わせて約3,100件、陳情署名 は約48,000名に至っています。市民の間には一日も早い建設が望まれています」と、市議会とともに、小樽市長や小樽市教育委員会にも署名簿と陳情書を届けた。

 関連記事1 関連記事2

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


百貫神輿に担ぎ手230人!住吉神社例大祭

有料入館者1,800万人達成 おたる水族館

酷暑の小樽祭り 入船六三町会子ども神輿

7/13飲酒運転根絶の日!銭函事故から3年

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈