小樽テレビ"/> 老若男女が優雅な舞い 高島越後盆踊り   (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
老若男女が優雅な舞い 高島越後盆踊り  小樽テレビ (2010/08/19)

 8月18日(水)から20日(金)までの3日間、花編笠を被り、千鳥の絵があしらわれた浴衣姿の踊り手たちが、高島公園(高島3-60・高島稲荷神社隣り)で優雅に舞い踊っている。

 高島越後盆踊り保存会(長谷川洪徳会長)の恒例行事。「高島越後盆踊り」は、市指定無形民俗文化財に指定されている。漁場の開発とにしん漁の進展に伴い、新潟県北蒲原郡の各村から高島地区へ多くの移住者がやってきたことによって盛んになった。

 踊りと囃子は二つの形態があり、これらを交互に連続して行なうのが特徴。歌は労働歌を中心に、約190もの歌詞がある。江戸末期から続き、 400年以上の歴史がある。保存会は、1979(昭和54)年に発足し、昨年30周年を迎えた。

 踊り手たちは、18日(水)から3日間、高島公園に集まり、四方から大漁旗を吊るした中央のやぐらを中心に輪をつくり、笛と太鼓、囃子に合わせ、優雅に舞う。

 2日目の19日(木)は、20:00頃から、囃子方の演奏につられ、踊り手たちが次々に集まった。21:00頃になると、大勢の町民たちが二重の大きな輪をつくり、熱気は次第に増した。

 会場に並んだ提灯のあかりの下、老若男女の踊り手と唄い手が一つになって、伝統的な盆踊りを披露。中には、初めて踊る市民の姿もあり、保存会メンバーが踊りながら独特の手足の動きを教えていた。古平の保存会メンバー約15人も参加し、同じ輪の中で踊りを楽しんでいた。

 高島越後盆踊りは、20日(金)19:00~22:00も行われる。


     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


最高気温21℃ 小樽で桜咲き始める

全道火災予防運動!フェリーターミナルで訓練

4/20郵政記念日 小樽でも記念イベント

4月19日"飼育の日" おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈