小樽テレビ"/> 商大「緑丘戦没者慰霊祭」 347人を追悼  (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
商大「緑丘戦没者慰霊祭」 347人を追悼 小樽テレビ (2010/08/15)

syoudaisenbotu1.jpg 終戦記念日の8月15日(日)、戦火で散った347人の学生・教員などに哀悼の意を示す「緑丘戦没者慰霊祭」が、11:59から小樽商科大学(緑3・山本眞樹夫学長)の白亜の緑丘戦没者記念塔前で行われた。

 緑丘戦没者記念塔は、同大キャンパスの一隅の白樺林に囲まれて静かに建っている。若くして亡くなった学生や教員347人の名を墓石に刻んでいる。同慰霊祭は、1969(昭和44)年から始まり、今年42回目。

 墓石に名が刻まれている学生の学友や家族ら約70人が、全国各地から集まり、市役所の正午のサイレンに合わせ黙祷。中には現役学生の姿も見られ、記念塔に眠る先輩の霊を慰め、平和への誓いを新たにした。

 山本学長は、「終戦記念日の8月15日の毎年、私たちは、記念塔に眠る先輩の御霊に導かれ、戦争の愚かさと平和の尊さを気づかされることに感謝しなければならない」と追悼。

syoudaisenbotu2.jpg 参列者は、白亜の記念塔前に列をつくり、347人の学生の名と「戦の野に果つるとも 若き命 この丘にとどまりて 消ゆることなし 友よ 安らかに眠れ」が刻まれた墓石に献花し偲んだ。

 献花後、グリークラブと女子カタールのメンバーたちが、校歌や賛歌を斉唱し、静かな白樺林に歌声を響かせ、天国で眠る347人へ哀悼の意を捧げた。

 安味貞和さん(91)は、妻の朋枝さん(81)と娘の根井チエさん(56)と東京から参列に訪れ、「最初からずっと参列してきたが、昨年体調を崩し参列出来なかった。私の同期はみんないなくなってしまったので、生きてる限り参列したい」と話していた。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


絵本"どこいくの?"完成!図書館でお披露目会

5ヶ月ぶりの勇姿 アイアンホース号運行始まる

GW桜見頃!4/29オープン 手宮緑化植物園

最高気温21℃ 小樽で桜咲き始める

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈