「小樽写真散歩」by akemi iwata 《祝津パノラマ展望台》 (2010/08/01)

《祝津パノラマ展望台》

 何度も何度も、夕日を見に行っている場所です。

 今年は、夕日時間になると曇ることが多く、水平線に沈む夕日には、2度ほどしか出会えていません。

 一年中見られるわけではないので、夏至の折り返し地点がすぎ、日に日に山に沈む経路に向かっているところですが、まだまだ楽しめる季節です。経験上、8月17日頃に、積丹半島の先端付近に沈むと頃だと思います。

DSC_1162.JPG

 2007年のものですが、こんなに沢山の鳥を夕日と一緒に見たのはこの日だけで、その後、2度とこの光景には出会っていません。まるで鳥たちが仕事を終え、サラリーマンの波のような、家路を急いでいるかのように思え、「家路」というタイトルをつけ、雑誌に載せてもらいました。

DSC_8914.JPG

 あの特大蜃気楼が見えた前日の夕日で、2008年6月22日、四角い太陽が沈むところです。蜃気楼現象の一種、「だるま太陽」も、見ることができます。大変めずらしい、グリーンフラッシュも観測済みです。

 こんなに身近に素晴らしい現象をみることができるのです。それに気付かないでいることは、大変もったいないことだと思います。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈