旧青山別邸 国の有形文化財に登録 (2010/07/17)

DSC020742.jpg

 小樽市祝津3にある旧青山別邸が、国の有形文化財に登録されることが分かった。

 この建物は、明治・大正を通じて鰊漁で巨万の富を築き上げた、祝津の鰊漁網元・青山家の2代目政吉が、1923(大正12)年に建てた別邸。木造2階建て。屋根は、銅板や瓦葺き。6畳から15畳の部屋が18室あり、細部に春慶漆塗を施している。

 1918(大正7)年に建築を始めたが、翌1919(大正8)年に、前浜の本邸番屋が焼失。この再建を優先したことから、完成までに6年もかかったという。1985(昭和60)年に小樽市指定歴史的建造物3号の指定を受けている。

 建物を所有する小樽貴賓館(祝津3・佐藤裕子代表取締役)が、昨冬、文化庁に登録を受けるための書類を提出。7月16日(金)に、文化審議会(西原鈴子会長)が、全国27都道府県の建造物167件と併せ、小樽の旧青山別邸と文庫蔵、板塀の3件を、登録有形文化財(建造物)とする答申を川端達夫・文部科学相に行った。

 貴賓館の佐藤美智夫オーナーは、「全国に登録有形文化財だと宣伝が出来るようになった。小樽の指定ではなく、それよりも1ランクも2ランクも上になり、これまでよりも多くの方々が見に来てくれるようになると思う。実際に、この話が表に出てから、お客さんが増えている」と話している。

 小樽市内では、JR小樽駅プラットホーム、JR小樽駅本屋が、国の有形文化財に登録されている。


旧青山別邸

文庫蔵

板塀

 小樽貴賓館 旧青山別邸とは

 関連記事

 JR小樽駅プラットホーム

 JR小樽駅本屋

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


百貫神輿に担ぎ手230人!住吉神社例大祭

有料入館者1,800万人達成 おたる水族館

酷暑の小樽祭り 入船六三町会子ども神輿

7/13飲酒運転根絶の日!銭函事故から3年

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈