子供の図書購入費に 稲穂小PTAがバザー (2010/07/10)

inahoPTA.jpg 市立稲穂小学校のPTA(上参郷光祐会長)が、7月10日(土)13:00~15:00、サンモール一番街でPTAリサイクルバザーを行った。

 2005(平成17)年の開校110周年の記念事業の資金集めのため始めた同バザー。以降は、子供たちの図書購入費のために毎年続けている。毎回、7万円から8万円程度の売上げがある。

 販売するのは、同校の生徒家族の自宅に眠る衣類や家具、コミック本など様々。PTAや教師など約30人が参加し、100円から500円までの値札をつけて、訪れた市民に販売する。

 「いらっしゃいませ」。「良い物はどんどん売れてますよ」。威勢良い主婦たちの掛け声がアーケードに響き、空き店舗の多い同商店街に久々の活気が甦った。

 上参郷会長は、「毎年、サンモールのイベントと一緒に行っていたが、イベントが8月にずれたので、単独のバザー開催は初めて。どれくらいの売上げになるかは分からないが、もうすぐ120周年も迎えるので、そのためにも資金を集めたい」と話していた。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


豪華客船2隻目!パナマ船籍“ブレーメン”寄港

"第72回招魂祭" しめやかに挙行

自慢の喉を披露!民謡決勝大会

美術館にセラピードッグ集合! 活動を紹介

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈