小樽テレビ"/> 10日遅れのウニ漁解禁 市漁協で初セリ  (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
10日遅れのウニ漁解禁 市漁協で初セリ 小樽テレビ (2010/05/21)

uni1.jpg 天候不順で10日間遅れていたウニ漁が5月20日(木)に解禁し、21日(金)06:45、小樽市漁業協同組合のセリにかけられた。

 今期のウニ漁は、今冬の海水温が高かったことから、エサとなる海藻の着生が減り、身入りが悪かったため、異例の10日間遅れの解禁となった。

 ようやく始まったウニ漁だが、塩谷と忍路の漁業者しか出漁しなかった。このため、21日(金)のセリは、エゾバフンウニ(赤ウニ・ガンゼ)のオリ163 枚・カップ301個、キタムラサキウニ(白ウニ・ノナ)のオリ365枚・カップ162個と例年よりも少なめとなった。

uni2.jpg しかし、今シーズンの初セリとあって、卸業者や市場店主、寿司店経営者などの買受人が、場内に並ぶウニをぐるりと囲み、セリ人と価格交渉。オリもカップウニも次々に値段がつけられ、あっという間にセリを終えた。価格は例年並み。

 これから、市内の市場には、新鮮なウニが並び、市民も、小樽の「夏の味覚王」を味わうことが出来る。

 市漁協の市場部は、「10日遅れでようやく始まった。身入りが少ないからしょうがない。今日は、高島なども漁に出ているので、明日はもっと多いだろう。小樽のうまいウニをご賞味下さい」と話す。

 小樽のウニ漁は、8月末まで。

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


小樽でちびっこフェスティバル!

2018年の年賀葉書到着!小樽郵便局に163万枚

白い消防広報車寄贈!消防本部に配置

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈