「貯金ゼロ」 6年連続の"繰上充用" (2010/05/17)

rinjikai.JPG 小樽市(山田勝麿市長)は、5月17日(月)16:30から記者会見を開き、24日(月)に開会される小樽市議会第1回臨時会に提出する議案を発表した。

 議案は、2009(平成21)年度の歳入歳出の辻褄を合わせるため、2010(平成22)年度予算から雑入として"繰上充用"する一般会計と国民健康保険事業特別会計の補正予算2件と、条例改正案3件、専決処分報告1件。

 市は、2004(平成16)年度から、この"繰上充用"を毎年度行っており、今年で6年連続となった。

 "繰上充用"は、年度末の赤字を、次年度の歳入歳出予算から穴埋めする非常手段。通常は、普通預金(財政調整基金・減債基金)や交付税などからの穴埋めとなるが、市の場合は、この普通預金が2004(平成16)年度からスッカラカンのため、入る当てのない金を雑入として計上する「小樽方式」で辻褄を合わせている。「貯金がゼロですから」(貞原正夫財政部長)。

 2009(平成21)年度一般会計の決算見込みでは、5億300万円の黒字が確保出来るとしており、累積赤字6億5,900万円だったものが、1億5,600万円に圧縮されることから、今回、この分を"繰上充用"する。国保の"繰上充用"は、2億4,400万円。

 この日の会見で、一般会計のほか、各企業会計の決算見込みが明らかにされた。病院事業会計は、14億5,600万円だった不良債務が11億5,700万円に減少した。これは、一般会計からの繰出金で賄われており、「一般会計からの繰出で減っているが、改革プランの計画は厳しい数値」(山崎範夫総務部長)。

 山田勝麿市長は、各会派にこの議案説明を行ったが、「22年度で計画通り3億7,000万円の黒字を確保することが出来れば、21年度決算で1億5,600万円に赤字が減ったので、22年度中の累積赤字解消も視野に入ってきた」と述べたという。

 表向きは、累積赤字が消えているが、実際は、企業会計や基金からの借り入れがあってこそのもので、ただの借金の先延ばしにしか過ぎない。

 2009(平成21)年度末では、他会計から24億円、基金から15億円、土地開発基金から5億円の計44億円の借金が残っている。「緊急避難的に取っている措置」(貞原財政部長)としており、本当の財政再建には程遠い。

 関連記事1 関連記事2 

gian1.jpg

gian2.jpg

H22rinjikaihosei.jpg

H21ippankessan.jpg

H21ippan-tokubetukessan.jpg

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


6,000基の灯篭に祈り!おぼん万灯会

みんなで盆踊り!龍宮神社境内で復活

艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

戦火に散った347名 緑丘戦没者慰霊祭

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈