小樽にすごい人を呼ぼう!商大生の「OTRブリッジプロジェクト」 (2010/05/07)

otrbridge.jpg 「小樽とすごい人をつなぐ架け橋にしたい」。小樽商科大学(緑3)の学生たちが、全国各地で活躍する著名な人を小樽に呼ぶ「OTRブリッジプロジェクト」を進めている。

 今年度赴任した保田隆明大学院准教授の「Twitter(ツイッター)で誰かを呼んじゃおう」の一言から始まったプロジェクト。学生時代に多くの人たちに会って話を聞き、視野を広げ、教養を高めることが目的。

 学生たちは、5月19日(水)の第1回講演に向け、昼休みや授業の合間に集まり会議を重ねている。

 4月30日(金)に、初の会議を開き、第1回目のゲストを、保田准教授と交友関係もあることから、ワールドカップ南アフリカ大会に出場する32ヵ国を巡る「世界一蹴の旅」を完遂したアシシさん(32)に決めた。

 第2回目の会議は、5月7日(金)12:10から、同大ビジネス創造センターで開いた。ツイッターで、アシシさん本人に当日のスケジュールの確認を行い、第1回講演を5月19日(水)16:10からに設定。告知・集客、当日の司会、懇親会など、役割分担も行った。

 プロジェクトリーダーの寺下友香梨・伊原花梨・木村悠里菜さん(3年)の3人は、「東京の大学では、学園祭に色々な著名の方が来ているが、小樽商大では、これまで、そういったチャンスがなかったと聞いている。保田准教授に会わなければ、このようなプロジェクトに参加することもなかった。若いうちに会っておけば良かったと後悔しないように、これから、著名なすごい人たちに会って話を聞いて、自分たちの教養を高めたい」と意気込む。

 今回の講演は、大学生以外の人たちの参加も呼びかける。ブログやツイッター、ホームページなどで告知を行い、最低でも50人の集客を目指している。

 小樽ブリッジプロジェクトのブログ

 アシシさんのツイッター

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

戦火に散った347名 緑丘戦没者慰霊祭

盆の夜空に追悼花火!高島漁港花火大会

たるわランド2017夏 商大・小樽笑店

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈