小樽で15年ぶり 本因坊決定戦 (2010/04/27)

 国内最高峰の囲碁タイトル戦「本因坊決定戦」が、5月11日(火)・12日(水)の2日間、15年ぶりに小樽市のグランドパーク 小樽(築港)で開催される。

 「本因坊決定戦」の65年の歴史の中で、小樽では、1971(昭和46)年の第5局、1995(平成7)年の第2局が開かれており、今回、15年ぶり3回目の開催となる。

 小樽での1局は、羽根直樹本因坊に、旭川市出身の山下敬吾天元が挑戦する注目の「第65期本因坊決定戦七番勝負第1局」。棋士情報

 日本棋院小樽支部(高木正光支部長)では、この第1局を盛り上げるため、「第65期本因坊決定戦前夜祭実行委員会」を立ち上げ、大会会場のグランドパーク小樽(築港)での前夜祭、2日間の大盤解説を実施する。

 前夜祭は、5月10日(月)18:30から、同ホテルで行われるが、すでに前売り券は売り切れとなっている。大盤解説は、11日(火)09:00~17:00、12日(水)09:00~終了まで。入場無料。聞き手には、北海道初の女流棋士となった下坂美織さんが予定されている。

 囲碁のポータルサイト日本棋院

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


冬も楽しい水族館!冬期営業開始

小樽笑店・たるわランド!手作りゲームに笑顔

年賀状受付開始!運がっぱと園児達が投函

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈