海上観光船 13年ぶりの値上げ (2010/04/21)

kankosen.jpg 国定公園の祝津・オタモイの断崖絶壁を楽しめる海上観光船(小樽港第3ふ頭・港町4)の料金が、13年ぶりに値上げされる。

 同船を運行する株式会社小樽観光振興公社(山田厚代表取締役)は、小樽市が筆頭株主となる第3セクター。1982(昭和57)年に設立され、28年間、小樽の港湾観光の一役を担ってきた。

 2002(平成14)年のピーク時は、乗船客が3万9,000人だったが、市内全体の観光客数、修学旅行の生徒数の減少、レジャーの多様化などを理由に、 2009(平成21)年は2万2,171人となった。総収入も2003(平成15)年の7,000万円から4,000万円の3分の2に減った。

 同社は、「13年前と同じ料金で、21年度は辛うじて黒字だったが、船が古いと金食い虫になるので、他社の料金を見て、今年度料金改定に踏み切った」。観光船は14%、屋形船は33%の値上げを行った。

 観光船の祝津号は、往復・大人1,050円から1,200円、子供510円から600円。オタモイ号は、往復・大人2,050円から2,390円、子供1,010円から1,190円。屋形船の40分間港内遊覧は、大人600円から800円、子供300円から400円。

 観光船の運航は、4月24日(土)から10月11日(月)まで。

 海上観光船

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


小樽龍宮神社例大祭!

レバンガ・折茂選手 さくら幼稚園へ用具寄贈

青空に3,040人のランナー! 運河マラソン

和を遊ぶに800人! 伝統文化に大喝采

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈