小樽テレビ"/> エネルギーと暮らしを勉強 総合博物館行事  (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
エネルギーと暮らしを勉強 総合博物館行事 小樽テレビ (2010/04/18)

 発明の日の4月18日(日)、小樽市総合博物館(手宮1)で、科学技術週間協賛行事「電気をつくってみよう」が開かれ、小樽の子供たちが、科学を体験し、エネルギーと暮らしについて勉強した。

 「科学技術週間」は、産業財産権制度の普及・啓発を図る目的で1954(昭和29)年に制定された「発明の日」(4月18日)の記念日を含む一週間。特許庁や経済産業省の地方経済産業局などが、様々なイベントを開催している。

 市総合博物館では、小樽少年少女発明クラブの佐藤郁雄氏を講師に招き、暮らしの身近にあるものを使って発電させる実験を実施した。

denki.jpg 小学校高学年から中学生までの9人の子供たちが参加。佐藤氏から、発電のしくみを学んだ。バイクやコピー機のモーターのツマミをぐるぐると回し、エアロバイクを使った発電機のペダルをこいだり、自分の体でエネルギーを起こし、LEDや豆電球を光らせた。

 エアロバイクの発電機では、子供たちが、「すごい疲れる」、「もっとこげ、あと一個」などと、汗をかきながら、発電体験に興じていた。

 佐藤氏は、「たくさん電気を起こすには、エネルギーがたくさん必要なんですよ」と、子供たちに電気を起こす大変さを伝えた。

 最後に、プラスチックのプロペラにスチレンペーパーのはねをつけ、LED付の小型風力発電機を製作。扇風機の風で、プロペラにつながったモーターを回し、発電してLEDが点灯するかを確認。風の強弱で、LEDの明るさを比較した。

 朝里小学校の佐々木久宣くん(9)は、「学校の実験とは違って面白かった。自転車をこいだら電気が光り、すごく楽しかった」と話していた。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


最高気温21℃ 小樽で桜咲き始める

全道火災予防運動!フェリーターミナルで訓練

4/20郵政記念日 小樽でも記念イベント

4月19日"飼育の日" おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈