小樽テレビ"/> 荒天過ぎ、春の快晴 「旭展望台」 からの絶景  (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
荒天過ぎ、春の快晴 「旭展望台」 からの絶景 小樽テレビ (2010/04/16)

 荒れた天候が通り過ぎ、春の穏やかな天候となった4月16日(金)、小樽駅の裏手にある標高190mの丘陵地にある「旭展望台」から、小樽の街並みと港を見下ろす絶景が広がった。

 旭展望台は、小樽商科大学への地獄坂を上り、小樽商業高校前を右折し、約1.5kmの坂を上った所にある。

 冬期間は、展望台までの道は閉鎖されているが、4月10日(土)からオープンした。展望台までの道のりは、心地よい樹林帯の坂道となっており、途中、ハイキングを楽しめる遊歩道(18コース)の入口がある。

 同所周辺には、小樽ゆかりのプロレタリア作家・小林多喜二の文学碑や、小田観螢の歌碑もある。小樽駅から車でたったの15分のところにあり、市民の憩いの場として親しまれている。

 10日(土)から展望台までの道がオープンしたが、ここ2、3日は、4月の降雪や強風が吹き付ける荒れた天候となり、せっかくの絶景を眺めることは出来なかった。

 16日(木)には荒天が過ぎ去り、穏やかな天候となり、同所から絶景が広がった。この日は、海上自衛隊の練習艦隊の5隻が小樽港に入港し、勝納ふ頭に停泊しており、小樽の絶景の中に灰色の艦船の姿も眺められた。

 晴れた日には、 暑寒別連峰・増毛連山 が石狩湾越しに浮かぶが、16日(木)は残念ながら眺めることは出来なかった。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈