市立2病院 看護師の欠員50名 (2010/04/06)

 市立小樽病院(若松1)と小樽市立脳・循環器・こころの医療センター(第二病院・長橋3)の看護師が、3月末現在で定員367名に対し、50名もの欠員となっている。4月1日採用で2名の採用となっているが、到底、看護師不足解消には及ばない状況だ。

 小樽病院は、定員200名に対し30名欠員。医療センターは、定員167名に対し20名の欠員となっている。定年退職などがあり、昨年12月末の欠員よりも2倍に膨れ上がった。関連記事

 4月1日採用は、小樽病院1名、医療センター1名の計2名、5月1日採用では、両病院合わせて16名が見込まれている。しかし、「欠員は多く、厳しくなっている」(病院局)。

 国が定める看護師配置「7対1看護」(入院基本料・患者1人15,550円)の維持については、「定員といっても組合交渉のための数字なので、欠員が出たから7対1看護が出来ないということではない。維持は出来ている」としている。

 市病院局では、昨年10月から毎月看護師の募集を行っているが、応募者が少なく看護師数の欠員不足解消には至っていない。

 今後、さらに看護師不足が悪化すれば、「『7対1看護』維持は出来ている」と悠長なことを言ってられる状況ではなくなる。

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


奥沢水源地ライトアップ!5周年記念花火

自慢の喉を披露!北海浜節全国大会

潮見ヶ岡秋季例大祭! 桜町中吹奏楽部出演

大型台風18号北海道縦断〜小樽

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈