合同庁舎の食堂・喫茶がオープン (2010/04/05)

tyousya-syokudo.JPG 新小樽地方合同庁舎(港町5)の食堂・喫茶の運営が、4月5日(月)から始まった。

 同庁舎1階の食堂・喫茶は159平米72席。眼前に海が見えるオーシャンビューがウリ。市内のインテリアプランナーのアドバイスを得て、「海の景色を崩さない」ようにと、茶色をベースにした内装で仕上げ、これまでの食堂とは違うオシャレなレストランに様変わりした。

 運営開始となった5日(月)の昼時、目の前の第3号ふ頭には、ちょうど、フェリー「らいらっく」が停泊しており、庁舎職員たちは、青い海と白いフェリーを眺めながら、優雅に昼食を満喫していた。

 北海道財務局小樽出張所は、市民の利用を積極的に呼びかけており、食堂のみの利用者に限っては、入庁する際に必要な名前などの記帳の手間を省くことにしている。

 庁舎の引渡しは3月31日にすでに終了しているが、官署の引越しが5月下旬まで行われる予定。財務局小樽出張所は、「引越し作業で庁内はバタバタしているので、5月31日以降からゆっくりと食堂を利用が出来るようになる」と話している。

 関連記事

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


おたる春祭り開幕 多彩なイベント満載!

豪華客船2隻目!パナマ船籍“ブレーメン”寄港

"第72回招魂祭" しめやかに挙行

自慢の喉を披露!民謡決勝大会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈