市役所職員辞令交付式 2年ぶり一般職を採用 (2010/04/01)

jireikouhu.jpg 小樽市役所は、新年度を迎えた4月1日(木)、職員辞令交付式を行った。

 市では、今年度、2年ぶりに一般職員を新規採用した。事務職16人(高卒5・大卒11)、建築技術職2人(大卒)、衛生監視員2人(大卒)、消防6人(高卒4.・大卒2)の計26人となった。

 山田勝麿市長は、一人一人に辞令を手渡し、「市の採用試験を突破し、今日から公務員としてスタートします。地方自治法に守られ、縛られているので、わきまえて仕事をして欲しい。行政、市役所の仕事に慣れて、早く戦力になれるようになって欲しい」と期待した。

 斜里町出身の松木道人さん(22)は、「誠実、公正に職務を執行します」と決意を述べた。

 また、山田市長は、幹部職の辞令交付式で、「高額医療費の未請求事件で、担当職員の問題が大きいが、組織としての問題もあり、十分に機能していたか問われている。事務を引き継ぐ時には、服務規程に則って、引き継ぐ側、引き継がれる側が、確認してもらいたい。難しいことは率先してやっていく。あとに残すと、結局、誰かに仕事が残る」と檄を飛ばした。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


夏を満喫!いかだレース大会

6,000基の灯篭に祈り!おぼん万灯会

みんなで盆踊り!龍宮神社境内で復活

艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈