医療現場へ 歯科衛生士専門学校卒業式 (2010/03/13)

eiseisi.jpg 小樽歯科衛生士専門学校(稲穂2・熊澤隆樹学校長)の卒業式が、3月13日(土)13:00から、グランドパーク小樽(築港)で行われ、32人の衛生士の卵が医療現場へと歩み始めた。

 卒業生は、第42期の32名。2年制教育の最後の卒業生となった。父母や関係者約100名が見守る中、袴姿の学生たちは、熊澤学長から卒業証書を受け取った。

 熊澤学長は、「一週間前まで厳しい国家試験があり、今終えてホッとしていると思う。これまでの人生にない大変なことだったでしょうが、あなた方の人生にとってプラスになると思います。みなさん、合格していると聞いている。おめでとうございます。この2年間、色々ありましたが、思い出を大切にしながら、楽しく、明るく、元気に過ごしてください」とエールを送った。

 在校生の高橋悠子さんは、「明日から社会人として新たな生活が始まります。困難とぶつかることもあると思いますが、前向きな気持ちで進んでください。衛生士としての活躍をお祈りしています」と送った。

 卒業生の川原亜紀奈さんは、「この2年間、長くもありましたが、あっという間に過ぎました。社会人として成長させてくれる充実した2年間でした。学んだことを活かし、自分の目指す衛生士になれるよう、日々学んでいきたい」と抱負を述べた。

 卒業生たちは、順次、歯科医療の現場へ足を踏み入れ、2年間で学んだ技術と知識を活かすことになる。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


らいでんメロン 小樽で初せり5玉15万円!

小樽初 0歳からのジャズライブ!

ジャナグル日本縦断ツアー!ロース幼稚園

小樽龍宮神社例大祭!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈