「優勝旗を持ち帰りたい」 北照野球部 市役所で決意表明 (2010/03/11)

hokusyo-ketui.JPG

 北照高等学校野球部は、甲子園出発前日となった3月11日(木)、市役所を訪問した。西田明央主将は、「優勝旗を持ち帰りたい」と力強く決意を述べた。

 市役所には、西田主将をはじめとするベンチ入りする18選手が訪れた。原岡賢吉校長と河上敬也監督も同席した。

 「小樽代表として選ばれたので、代表らしい行動・プレーをして、優勝旗を持ち帰りたい」(西田主将)と決意表明した。

 山田勝麿市長は、「小樽は、全国に知られている街。良い成績を残し、ぜひ優勝旗を持ち帰ってもらえるように頑張ってもらいたい」と期待し、職員からの寄付金30万円を手渡した。このほか、市から補助金100万円が贈られる。

 北照野球部は、3月12日(金)に甲子園へ出発する。21日(日)以降の第1回戦に臨む。

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈