雪の間から春の使者・フキノトウ (2010/02/28)

 春の訪れを告げるフキノトウが、相生町の旅の家「もりのき」脇の傾斜地に積もる雪の間から、次々に顔を覗かせている。

 2月25日(木)に最高気温11.9℃を記録する4月中旬並の陽気となり、雪が解けた斜面から、自生するフキノトウが一気に姿を現した。

 冷たい雪の下で春の訪れを待っていた、黄緑色の衣を幾重にも重ねたフキノトウは、日に日にツボミを大きくする。周辺住民は、「この場所は日当たりが良く、毎年早めにフキノトウが顔を出す。最初に採ったフキノトウは、ペペロンチーノにして食べた」と話している。

 市内では、手宮公園脇の崖地などにも多く自生している。独特の香りとほろ苦さがあるが、天ぷらや煮物、味噌和えなどに調理して楽しむことが出来る。

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


小林多喜二没後85年!命日に墓前祭

雪かき選手権2連覇!"えちごまさ雪"優勝

雪遊びに笑顔!手宮中央小PTA雪まつり

2018.02.14小樽市長定例記者会見

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈