長橋・桜町の2中学校 国の耐震基準下回る (2010/02/25)

 小樽市教育委員会は、2月25日(木)、長橋・桜町の2中学校で行っていた耐震診断の結果を明らかにした。

 1,290万円の予算で行われていた2校の耐震診断結果は、長橋中学校の教室・管理棟がIs値0.24、教室棟0.42、屋内運動場0.63。桜町中学校の教室棟0.27、教室・管理棟0.34などとなった。文部科学省が耐震改修の必要があるとする指標のIS値・0.7未満を下回っていた。

 これを受けて、市教委では、長橋・桜町の2中学校の耐震工事を行うことを決めた。6月の市議会第2回定例会に、耐震補強工事を行うための実施設計の予算を計上する。

 市教委は、すでに、長橋・桜・朝里の3小学校と朝里・銭函の2中学校の計5校で耐震補強工事を行うことにしている。工事は、2010(平成22)年度中。

 関連記事1 関連記事2 関連記事3


     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


第11回銀マロジョイントコンサート

小樽でちびっこフェスティバル!

2018年の年賀葉書到着!小樽郵便局に163万枚

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈