タクシー適正・活性化協議会 素案を発表 (2010/02/04)

 市内のタクシー運賃や台数のあり方を検討する「小樽市タクシー事業適正化・活性化協議会」の2回目の会議が、2月4日(木)10:00~12:00、北海道運輸局小樽庁舎(港町5)3階会議室で行われた。

 協議会構成員の新谷勝利・北海道運輸局札幌運輸支局長(座長)をはじめ、小原正徳・小樽市生活環境部長、吉野彰哲・小樽ハイヤー協会会長など14人が参加した。

 事務局の運輸局から、市内のタクシーの適正台数やサービス活性化などが盛り込まれた地域計画骨子素案が示された。

 問題となっている「供給抑制」については、現行(平成21年11月末現在)の426両から、31.99%の297両、20.28%の313両、28.25%の336両の3つのケースが適正と考えられるとし、「それぞれの保有台数に鑑み、適正台数を目指すこととする」。

 「過度な運賃競争への対策」については、事業者が適正な人件費水準で、「運送原価を償う運賃設定を目標とする」とした。

 これらはすべて「やれということではない。斟酌して欲しい」(運輸局)としており、強制力は一切なく、あり方の目標としている。

 構成員からは、「地域計画はもっと具体的なものにした方が良い」、「活性化といいながら、タクシー台数が多いから減らした方が適正だというのは矛盾している」などの指摘が出されたという。

 次回は3月19日(金)に開催される予定。運輸局では、「この場で地域計画案を決めたい」としている。

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


小樽金融資料館特別展開催

小樽に雪がやって来た!

1日限りの小樽しゃこ祭!大ぶり秋しゃこ堪能

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈