『節分寒波』で冷え込む小樽 最低気温-13℃ (2010/02/03)

0203.jpg 2月3日(水)節分の日の小樽市内は、冬型の気圧配置の影響で、強い寒気が流れ込み、気温は、最低-13.0℃・最高-10.1℃と、一日中2桁マイナスを記録する、今冬一番の寒さとなった。

 札幌の上空では、09:00に850hPa(1289メートル)−23.9℃の低温が観測され、1954年以降で1位タイの低温記録となったという。

 札幌管区気象台は、「北海道付近は、強い冬型の気圧配置となっており、上空約5000メートルに氷点下45度以下の非常に強い寒気が流入しています」と発表した。

 このため、小樽も、2日(火)23:00から-10℃台となって以降、気温は下がり続け、早朝06:10には、今季最低の-13.0℃を記録した。これまでの今冬の最低気温は、1月21日に記録した-10.1℃だが、2月3日(水)はそれよりも2.9℃低くなった。

 市内は、冷え込んだ状態が続き、小樽運河浅草橋街園の温度計も09:40に-10.2℃を表示していた。「第12回小樽雪あかりの路」のメイン会場となっている運河や手宮線では、この冷え込みの中、ボランティア団体が会場設営作業に取り組んでいた。

 同気象台では、「後志北部は、4日にかけて西の風が強く、海は波が高い見込みです。大雪やふぶきによる交通障害、突風、高波、船体着氷、なだれに注意して下さい」と呼びかけている。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


大型台風18号北海道縦断〜小樽

書道パフォーマンス!アートストリート

秋のイベント盛り沢山! おたる水族館

クルーズ船の税関検査公開!小樽税関支署

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈