雪あかりの路 会場設営始まる (2010/01/21)

yukiakari-sagyo.jpg 2月5日(金)から開催する「第12回小樽雪あかりの路」のメイン会場の一つ手宮線で、雪入れとともに会場設営作業が始まった。

 雪の中にやわらかなロウソクの灯りをともすイベントで、会場には白い雪が大量に必要となる。しかし、連日の暖かさによって雪は解け、水族館の駐車場や旭展望台に上る市道など市内各所からきれいな白い雪を運ばなければならなくなった。

 この雪入れ作業が1月20日(水)から始まり、21日(木)からは、市内の建設業者により手宮線会場の設営作業もスタートした。手宮線会場名物のスノートンネルを設置するため、線路の上の雪を重機で端に寄せ土台作りなどの作業が急ピッチで進められている。

 近日中には、かまくらや滑り台など様々なオブジェも作られる。運河会場の設営作業は、30日(土)から始まる。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


冬場の健康増進に一役!歩くスキー教室

寒波と猛吹雪に凍える小樽!今冬一番の冷え込み

小樽市成人式! 約900人が集う

新成人無料と3連休特別企画 おたる水族館

オリジナルカップ麺に笑顔!新年子ども会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈