小樽テレビ"/> 北防波堤に押し寄せる高波  (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
北防波堤に押し寄せる高波 小樽テレビ (2010/01/07)

 1月7日(木)、発達した低気圧の影響で、小樽港を100年もの間守り続けている北防波堤に、次々と高波が押し寄せている。

 札幌管区気象台は、6日(水)16:17から、小樽を含む後志北部に「強風、波浪注意報」を出し、「引き続き7日夕方まで北または北東の風が強く最大風速は海上18m、陸上13m、7日夜遅くまで波の高さ4m。突風、高波、火の取り扱いに注意」と呼びかけている。

0107.jpg この発達した低気圧は、10:53現在、根室の南東海上で停滞している。この影響で、日本海に面する小樽港にも強い風が吹きつけ、高波が北防波堤に次々に押し寄せている。高波が防波堤にぶつかると、白い波しぶきが高く打ちあがっている。市内各所の高台からは、この様子を見ることが出来る。

 同気象台によると、今後の海の波の高さは、2.5mのち1.5mになる見込みとしている。

 北防波堤(延長1,289m)は、近代土木の父・廣井勇博士(初代小樽築港事務所長)が陣頭指揮し、1897(明治30)年から11年かけて1908(明治41)年に完成した。当時の土木技術の最先端であった、コンクリートブロックを斜めに積み上げた斜塊構造となっている。2000(平成12)年には土木学会の「土木遺産」、2001(平成13)年には「小樽みなとと防波堤」として「北海道遺産」に指定されている。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


おたる水族館が12/15から冬期営業開始!

後志自動車道小樽JCT~余市IC間 開通

冬季営業安全に!天狗山スキー場安全祈願祭

第43回勧仁塾道場杯争奪空手道選手権大会

20181130小樽市長定例記者会見

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈