市の人口 13万5,000人割れ (2010/01/06)

jinko.jpg 小樽市の人口が、2009(平成21)年11月末で、13万5,000人台を割り込み、13万4,928人にまで減少した。

 市の人口は、1964(昭和39)年9月の20万7,093人をピークに、減少し続けている。1994(平成6)年に15万人台、2001(平成13)年に14万人台となり、近年では、人口減少に一層の拍車がかかっており、2007(平成19)年4月で13万人台になっている。

 2009(平成21)年1月末では13万6,645人だったが、毎月平均150人ずつ減り、1月から11月までで1,717人減少し、13万4,928人となった。

 15万人台から14万人台へは7年かかっていたが、14万人台から13万人台へは6年と、1年短くなった。さらに、13万人台に突入してから2年半で5,000人が減り、1万人が減少する期間はさらに短くなる可能性が大きい。

 市は、総合計画で、2015(平成27)年に12万2,538人になると予想し、雇用の場の創出や移住促進、子育てしやすい環境づくりを行い、「人口減少を最小限にとどめるよう努めます」としている。

 しかし、市民からは、「人口が減る総合計画を作っている時点で、おかしいのではないか。何が最小限なのか」。「移住者よりも小樽から出て行く人の方が多い」など、何も出来ない市の施策に背を向けて、市外に流出する市民が後を絶たない。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


6,000基の灯篭に祈り!おぼん万灯会

みんなで盆踊り!龍宮神社境内で復活

艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

戦火に散った347名 緑丘戦没者慰霊祭

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈