地裁小樽支部新築工事進む 来年3月末に完成 (2009/12/02)

saibansyo.jpg 市民会館の向かいで、札幌地方裁判所小樽支部(花園5)の新庁舎工事が、目下進行中だ。建物の駆体部分の工事は終了し、内部仕上げに入っている。

 庁舎の建替えは、1956(昭和31)年築の旧庁舎の老朽化に伴って行われている。2008(平成20)年に、敷地内にプレハブの仮庁舎を建て、その後旧庁舎を解体し、新築工事を進めている。

 新庁舎は、鉄筋コンクリート造・地上3階建・延べ約3,900平米。総予算は14億円。

 建物の外観は、ガラスの街"小樽"をイメージさせるよう、庁舎正面の両端にガラスカーテンウォールを設置する。旧庁舎のデザインは西側に再現するという。

 内部は、利用者の利便性を図るためと、来庁者の多い部署を1階に配置する。各階に多目的トイレを設け、高齢者や障害者に配慮する。

 建物の駆体部分の工事は終了し、現在、内部仕上げ工事が進んでいる。2010(平成22)年3月末に完成する予定。新庁舎での業務開始日は未定。

 関連記事

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


百貫神輿に担ぎ手230人!住吉神社例大祭

有料入館者1,800万人達成 おたる水族館

酷暑の小樽祭り 入船六三町会子ども神輿

7/13飲酒運転根絶の日!銭函事故から3年

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈