小樽ゆかりの石原裕次郎 等身大とミニチュア人形で登場  (2009/11/28)

yujiro1.jpg 昭和のスーパースター・故石原裕次郎が、11月から、等身大とミニチュアの大小二つの人形で、ゆかりの小樽によみがえっている。

 小樽の「石原裕次郎記念館」(築港5・石原まき子館長)に、今夏の23回忌法要イベントのために制作された身長182cmの等身大フィギュアが、、11月1日(日)から登場。エントランスホールで、入館者を出迎えている。

 この等身大フィギュアは、約500万円かけて制作され、本物とそっくりのリアル裕次郎となっている。1961年公開の映画「あいつと私」に出演した27歳の時がモデル。シリコン素材で肌の質感にこだわり、1963年にクルーザー「コンテッサⅢ」の進水を記念して仕立てたジャケット、実際に着用したズボン、靴を使用している。

 7月5日に国立競技場(東京)で開催された23回忌法要のイベントで展示され、その後、全国のCDショップを廻り、11月1日(日)に小樽に到着した。同館では、「裕さんが入館者を出迎えるように」と、エントランスホールに展示した。

 石原裕次郎さんは、小樽で幼少期を過ごし、俳優・歌手として大人気を博した昭和のスーパースター。「フィギュアを制作する前から、最後は小樽の記念館に飾ることは決まっていた」(同館)という。

yujiro2.jpg 同記念館は、1991(平成3)年6月に、芸能プロダクション「石原プロモーション」の子会社として設立。裕次郎コレクションや映画セットなど約2万点を展示し、開館当時は、年間100万人以上の入館者を数え、総入館者数は2,000万人を超えている。しかし、近年では、「裕次郎ファンの高齢化」などの理由で右肩下がりとなり、全盛期の半分に減っている。2008(平成20)年には、親会社と合併した。関連記事

 記念館の等身大の裕次郎に合わせるように、11月7日から、市立小樽文学館(色内1)には、札幌在住のイラストレーター・高山美香さんが作成した、等身大の10分の1・約18cmのユーモラスなミニチュア人形が登場した。

 このミニチュア人形は、オーブン粘土「フィモ(fimo)」で作られ、タバコをふかしながら、ぐっとにらみつけるタフガイ裕次郎がよみがえっている。展示は、11月7日(土)から来年1月31日(日)まで。関連記事

 現在、裕次郎ゆかりの地の小樽で、築港の記念館の等身大人形と色内の文学館の10分の1のミニチュア人形を見比べ、昭和のスーパースターを同時に偲ぶことができる。

 関連記事

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


百貫神輿に担ぎ手230人!住吉神社例大祭

有料入館者1,800万人達成 おたる水族館

酷暑の小樽祭り 入船六三町会子ども神輿

7/13飲酒運転根絶の日!銭函事故から3年

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈