小樽テレビ"/> 民謡の内閣総理大臣賞 日和さんの優勝祝賀会  (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
民謡の内閣総理大臣賞 日和さんの優勝祝賀会 小樽テレビ (2009/10/31)

minyo-hiwa1.jpg 「平成20年度民謡民舞全国大会」(財団法人日本民謡協会主催)で内閣総理大臣賞を受賞した小樽の日和かつ子さん(61)の優勝祝賀会が、10月31日(土)12:00からグランドパーク小樽(築港)で開かれた。

 同全国大会は、2008年10月、両国国技館で開催された。日和さんは、北海道代表として出場。全国から約680人が参加した。日和さんは、夫の尺八、次男のはやしと一家協力して「南茅部鱈釣り口説」を披露し、見事、内閣総理大臣賞に輝いた。

 祝賀会では、日和さんが、「民謡を歌い始めて40年が経ちました。先生のご指導や仲間たちの応援に感謝している。民謡の練習に出かけなければいけない時には、2人の息子に犠牲になってもらった。それでも不満を言わず協力してくれた。夫婦2人で続けてこられたことを、子供にたくさん感謝しています。40年の間に、辞めようと思ったことがありました。しかし、仲間達に支えられて続けてくることが出来ました。
minyo-hiwa2.jpg

 大会当日、自分の順番が回ってきて北海道代表のタスキが渡されると、タスキを重く感じた。全国の大舞台で、夫の勲の尺八と、息子のお囃子、3人で協力したから優勝することが出来ました。結果のアナウンスが流れた時、何かの間違いだと思ったが、本当に優勝したと聞いて、頭がボーっとしました。足が地につかなかった。幸せものだと思いました」と、涙を浮かべて挨拶し、親子3人で「南茅部鱈釣り口説」を会場に響かせた。

 会場に集まった250人の関係者たちは大きな拍手を広げ、小樽の民謡選手・日和かつ子さんの優勝を祝福した。

 関連記事

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


5ヶ月ぶりの勇姿 アイアンホース号運行始まる

GW桜見頃!4/29オープン 手宮緑化植物園

最高気温21℃ 小樽で桜咲き始める

全道火災予防運動!フェリーターミナルで訓練

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈