小樽テレビ"/> カラフトマスの卵が次々孵化 おたる水族館  (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
カラフトマスの卵が次々孵化 おたる水族館 小樽テレビ (2009/10/29)

karahutomasutamago.jpg おたる水族館(祝津3)が9月から展示しているカラフトマスの卵が、10月24日(土)から次々に孵化を始め、尾びれや顔を出し、来館者の目を引いている。

 カラフトマスの卵は、秋の特別展「森は海でできている~生命(いのち)の輪 後編~」で、本館1階海のパノラマ回遊水槽前に展示している。同展では、海の栄養を大地に運ぶ使者としてサケにスポットを当てている。

 夏から秋にかけて北海道のオホーツク海沿岸の河川に遡上して産卵するカラフトマス。今回は、「千歳サケのふるさと館」で9月10日に採取受精したものを、その日のうちにおたる水族館に搬入した。卵は全部で800粒あり、10月24日(土)から次々に孵化を始めている。

karahutomasutamago2.jpg 展示水槽の中では、稚魚になるための栄養が含まれている卵から尾びれや顔を出し、水中を泳ごうと必死に体を動かしている様子が見ることが出来る。

 同館では、「順調に行くと今月中に全ての個体が孵化すると考えられます。現在、次々と孵化する姿をご覧いただけます」と話している。

 カラフトマスは、サケ科サケ族の回遊魚で、別名セッパリ・アオマス・ピンクサーモンとも呼ばれている。雄は背中が突起状に変形することから、セッパリの名がついたという。サケとは多少異なり、孵化した稚魚たちは遠洋には移動せずオホーツク海を生活の場としている。ほぼ全てが2年で成熟し、産卵のため生まれた河川へ遡上する。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎記事で見る森井市政の3年間!末期症状の森井市政


ペリカンのちょっとそこまで おたる水族館

元総務部長・はざま俊哉氏 市長選に立起表明!

小樽初寄港! ノルウェージャン・ジュエル

商大の夜桜をライトアップ! 5月8日・9日

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈