イタリアンレストラン「マルコポーロ」 10月末で閉店 (2009/10/16)

marukoporo1.JPG 小樽の観光スポットのひとつ・堺町通りにある株式会社北一硝子(浅原健蔵・代表取締役社長)経営のイタリアンレストラン「トラットリア マルコポーロ」(堺町5-30)が、10月末日で閉店することになった。

 同店は、1989(平成元)年、隣接する北一ヴェネツィア美術館の開館と同時に、館内5階でオープンした。美術館を訪れた来場者などに、ヴェネツィアの料理を提供してきた。しかし、さらにイタリア料理の品揃えを充実させるため、1997(平成9)年には、現在の石造り倉庫の店舗に移った。

 以後は、三輪信平料理長の技と味で、店の人気メニューNo.1となった「いか墨リゾット」などを求めて来る地元客をはじめ観光客などに人気を呼んでいた。

 しかし、近年の経済不況の波が同店にも押し寄せ、客足が減り、赤字経営を余儀なくされていた。膨らむ赤字に同社の他の営業部門からも異議が上がり、ついにレストラン部門を閉じることになった。

 同店では、「20年間も営業を続けさせていただいたもので、閉店することをお詫び申し上げます。多くのお客様にお越し頂き感謝しております。残りわずかですが、スタッフ一同精一杯のおもてなしをしてまいりたい」としている。同店舗は、賃貸物件のため、閉店後は、大家に返却することにしている。

 トラットリア マルコポーロ

marukoporo2.JPG

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


商店街によさこいの輪 3団体がパレード

アニメパーティーとコラボ 春祭りライブ

雨で中断 市内小学校の運動会

おたる春祭り開幕 多彩なイベント満載!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈