建設予定の「東横イン」 プラン変更で着工延期 (2009/10/14)

 株式会社東横イン(本社東京)が駅前中央通りに建設を予定しているホテルの着工時期が、内部のプラン変更などのため延期されたことが分かった。

 ビジネスホテルチェーン東横イン(澤田宗久代表執行役社長)の建設予定のホテルは、RC造の10階建34m(立駐棟36m)。敷地面積489.47平米・建築面積334.24平米・延べ面積3,212.24平米。2009(平成21)年11月30日の工事着工予定だった。

 しかし、8月7日に設置された標識では、高さや建築面積などの詳細が変更されるとともに、着工予定日も延期されている。高さは34.0m(立駐棟36.0m)から33.4m(同35.8m)、建築面積は334.24平米から334.48平米、延べ面積は3,212.24平米から2979.62平米、着工予定日は2009(平成21)年11月30日から2010(平成22)年1月26日へと変わった。

 これは、「ホテル内部のプランを変更したため」(株式会社東横インアーキテクト&デベロップメント)としている。

 同所には、ビジネスホテル「ホテルニューみなと」が建っていたが、2006(平成18)年に閉鎖。駅前第3ビルの再開発事業で、小樽市内に進出が決定していた東横インは、違法建築のが社会問題化したことで断念していた。しかし、2006(平成18)年6月に、同所の土地・建物を購入し、新たに駅前への進出を目指して2007(平成19)年から2008(平成20)年にかけて建物を解体していた。

 関連記事

toyoko.jpg

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


心に響くパフォーマンス!小樽太鼓フェス

第8回歩くスキーと雪あそびの集い

ゴマフアザラシ"モエ"初産!おたる水族館

後志管内24団体集結!吹奏楽フェスティバル

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈