小樽のキノコ120種勢揃い 市総合博物館 (2009/10/04)

DSC089602.jpg 小樽に生息するキノコ類約120種類が勢揃いし、北海道大学・五十嵐恒夫名誉教授による鑑定会が、10月4日(日)9:30~16:00、小樽市総合博物館(手宮1)で行われた。

 毎年恒例の同展。今年は、博物館・保健所・小樽キノコの会の関係者たちが、天狗山やなえぼ公園で採取した約120種類のキノコを展示。「スギエダタケ」や「ツブエノシメジ」など、同展では"ニューフェイス"のキノコも並べられた。

 「スギエダタケ」は、杉の落枝に出来るキノコ。キシメジ科の食適。「ツブエノシメジ」は、枝のところが黒いツブツブ模様となっている特徴的なキノコ。キシメジ科の食適。

 このほか、「ヤナギノアカコウヤクタケ」という珍しいキノコも展示された。死んだ柳の幹に出来るキノコだが、「キノコと思う人が少なく、ほとんど拾わない」(五十嵐名誉教授)と話す。

 120種のキノコが並んだ会場では、キノコ愛好家や小樽キノコの会の会員たちによるキノコ談義が行われていた。キノコ図鑑を持ち寄り、五十嵐名誉教授の横で熱心にメモを取る人も見られた。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


福祉に理解を! ふくしフェス2018 in 小樽

しゃこ汁・茹でしゃこに行列!小樽しゃこ祭

看護の道へ戴帽式!小樽市立高等看護学院

「小樽写真散歩」《紅葉とリス!晩秋の中野植物園》

アンアンホース号冬眠へ! 最終便に142名

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈