赤い靴の会発足1年 総会で活動報告 (2009/09/12)

akaikutu.jpg おたる赤い靴の会(高橋昭三会長)は、9月12日(土)13:30から、運河公園(色内3)で定例総会と記念講演会を開いた。

 同会は、2007(平成19)年11月に園内に建立した「赤い靴親子の像」を維持・管理している団体。関連記事

 会発足1年が経ち、12日(土)に総会を開き、集まった会員約30人の前で、1年間の活動と、今後の事業計画の報告を行った。

 1年目の2008(平成20)年度は、像の保守点検のほかに、設立記念行事を行った。市内の合唱団ベルコーラルによる童謡「赤い靴」の披露や講演会を開いた。2年目の2009(平成21)年度は、像のライトアップの実施や啓発講演会を開くとともに、会員の増強を図るとした。また、今年7月に完成した「はこだて赤い靴の会」との交流を積極的に行うという。

 総会後には、コーラスグループが、赤い靴の像の前で童謡「赤い靴」を披露。同会の倉重紀久男副会長と、小樽後志LD・発達障がい児者親の会「ぽてとの会」の松井典彦会長が講演した。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


着実に進む雪解け 春の滝出現!

心に響くパフォーマンス!小樽太鼓フェス

第8回歩くスキーと雪あそびの集い

ゴマフアザラシ"モエ"初産!おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈