モデルルームのバーゲン ダイアパレス花園公園通 (2009/09/11)

daia.jpg 資金繰りに行き詰まり、昨年12月に民事再生手続開始の申立を行った、マンション販売大手の「ダイア建設株式会社」(東京・加治洋一代表取締役社長 )の「ダイアパレス花園公園通」(花園2)が、9月5日(土)から販売再開となった。

 同社は、昨年10月以降のマンション分譲・販売の大幅な落ち込みで、12月19日、「自主再建を断念し、民事再生法に基づく民事再生手続を選択」した。この後、市内花園の「ダイアパレス花園公園通」をはじめ、すべての物件の販売は出来なくなっていた。

 今年8月12日に裁判所より再生計画認可決定が確定し、スポンサーの株式会社大和地所の100%子会社として事業を継続することになった。民事再生手続開始から約9ヶ月後の9月5日から、花園のマンションの販売を再開した。

 「ダイアパレス花園公園通」は、地上13階建・総戸数35戸で、1戸1590万円~3100万円。最多価格帯は、2800万円台・2900万円台・3000万円台が各4戸。35戸のうち、18戸売れ残り、この販売に力を注いでいる。物件概要

 9月5日の販売再開と合わせて、これまでモデルルームとして使用していた2階の2LDKと3LDKの2戸をバーゲンセールしている。2LDKは、2,190万円から600万円下げた1,590万円、3LDKは、2,740万円から750万円下げた1,990万円となっている。

 ダイアパレス花園公園通

 ダイア建設

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


奥沢水源地ライトアップ!5周年記念花火

自慢の喉を披露!北海浜節全国大会

潮見ヶ岡秋季例大祭! 桜町中吹奏楽部出演

大型台風18号北海道縦断〜小樽

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈