市が「中心市」宣言 定住自立圏構想 (2009/09/02)

 小樽市は、北後志5町村で進めている「定住自立圏構想」の実施団体入りのための「中心市」宣言を、9月15日(火)に行うことを明らかにした。

 「定住自立圏構想」は、人口4万人超の市が「中心市」となって周辺市町村とネットワークをつくり、人口定住のために必要な生活機能を確保するために連携する。国から、実施団体入りした中心市に年間4,000万円、周辺市町村に1,000万円の財政支援がある。

 市は、余市・仁木・古平・積丹の4町と赤井川村を合わせた北後志5町村で、同構想の実施団体入りを目指している。すでに、連携可能な取り組み事項の検討結果を取りまとめ、中心市宣言(原原案)を提示している。

 9月2日(火)、市は、15日(火)の小樽市議会第3回定例会後に、市長が「中心市」宣言を行うとした。

 この宣言後に、北後志5町村と各自協定内容の検討に入り、来年1月に開かれる市議会第1回定例会に協定案を提案する。

 関連記事

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


百貫神輿に担ぎ手230人!住吉神社例大祭

有料入館者1,800万人達成 おたる水族館

酷暑の小樽祭り 入船六三町会子ども神輿

7/13飲酒運転根絶の日!銭函事故から3年

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈