学校適配計画(素案)説明会 1会場平均10人 (2009/08/13)

 小樽市教育委員会が、5月12日~7月22日に市内42会場で開催した「小樽市立小中学校
学校規模・学校配置適正化基本計画(素案)」地域説明会の実施状況とともに、説明会で出た質問などをまとめたQ&A(最終版)が、市HPにアップされている。

 実施状況では、42会場で実施した説明会の参加者数の一覧が掲載されている。関係者を除く保護者や地域住民の出席者は、42会場で平均10人となった。しかし、会場によっては、1人だったり、20人を超えたところもある。

 また、病院局の並木昭義病医局長が「新病院は、量徳小学校と今の病院の場所を合わせて建てた方が良い」と山田勝麿市長に提言した後に開催された渦中の量徳小学校では、62人の出席者で、関係者を含めると88人となっている。 こちら 

 これらの会場で出された質問や意見は、素案の項目ごとに一部が公表されている。こちら 

 市教委では、今後、この説明会での質問や意見を踏まえて計画の原案を策定し、パブリックコメントを経て、年内には基本計画の決定を行いたいとしている。

 小樽市立小・中学校の規模・配置の適正化について

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


全道火災予防運動!フェリーターミナルで訓練

4/20郵政記念日 小樽でも記念イベント

4月19日"飼育の日" おたる水族館

未明から雪! 凍える寒さ冬に逆戻り

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈