手作り"ピカチュウ"の行灯 高島七夕パレード (2009/08/07)

 北海道の七夕の8月7日(金)、「ピカチュウ」や「アンパンマン」の大型行灯(やま)とともに、金魚やスイカの行灯(やま)を持った子供たちが、夕闇の高島町内を行進した。

 100年以上も続く高島地区の伝統行事「高島七夕パレード」。少子化が原因で5年間中止となったものの、町会の理事らが立ち上がって復活させ、今年で6回目の開催となった。

 町会の理事らが作った大型の「忍者ハットリくん」や「カレーパンマン」、「アンパンマン」などの大型行灯とともに、子供たちが手作りした金魚やスイカの行灯で町内を照らした。

 今年は、復活してから一番多い約100人の児童が参加した。高島小6年2組の児童も「ピカチュウ」の行灯を作ってパレードに参加し、町内を練り歩いた。

 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


第11回銀マロジョイントコンサート

小樽でちびっこフェスティバル!

2018年の年賀葉書到着!小樽郵便局に163万枚

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈