天候不順がウニ漁にも影響 漁獲量減り高値 (2009/08/06)

 「雨で泥混じりの川の水が流れて、海が濁って底が見えなくなる」。「シケの日が多くて漁に出れない」。

 降水量が例年より倍以上も多かった7月の天候不順によって、小樽でのウニの出漁回数が減り、数量・価格に 大きな 影響を及ぼしている。


 小樽市漁業協同組合 (色内3・岩木剛代表理事組合長) によると、5月10日(日)から解禁となったウニ漁でセリに掛けられたのは、7月末現在、 12万4,000枚。これは、昨年の17万4,000枚より、5万枚も少ない。この漁獲量の減少に伴い、価格は昨年の2割程度の高値で推移したという。

 「昨年も減っているけれど、今年はそれよりももっと減っている。 天候不順で、 シケが多くて出漁する回数が減り、さらに海の水が濁って底が見えず、漁に出ても獲れない。自然相手だから仕方はないが」 (漁組)と話す。

 夏の小樽の漁獲の主なものはウニ漁。このウニ漁は、小樽が発祥の地で、昭和40年後半から全国で初めてウニの折り詰めが始まったことで知られ、小樽ブランドにもなっており、全国各地で需要が多い。

 しかし、この7月の天候不順で、昨年よりも5万枚も少ない状況で、市内の漁師たちは、「今年のウニ漁は全然ダメだ」と嘆いている。

 関連記事1 関連記事2

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎8月26日(日)投開票の小樽市長選挙!《関連記事特集》
     ◎記事で見る森井市政の3年間!末期症状の森井市政


似鳥美術館にステンドグラスギャラリー新設

雨天仕様で実施 第19回おぼん万灯会

夏を締めくくる盆踊り! 小樽龍宮神社

小樽の26店が集結!第4回熱闘ザンギ甲子園

戦没者記念塔建立50回目の小樽商大慰霊祭

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈