小樽テレビ"/> 小樽運河に浮かぶ「平和」灯籠 広島原爆の日  (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
小樽運河に浮かぶ「平和」灯籠 広島原爆の日 小樽テレビ (2009/08/06)

toro1.jpg 8月6日(木)は、64回目の広島原爆の日。ヒロシマに、今年も平和の鐘が鳴り響いた。

 小樽では、「平和」と書かれた赤や黄の灯籠約100基が、小樽運河の水面に浮かんだ。

 これは、原爆投下の悲惨さを忘れないようにと毎年行われている「小樽運河灯籠流し(Otaru
Peace Occansion in Summer)」。今年で21回目。

 小樽市民の会、小樽原水協、新日本婦人の会、小樽平和委員会の4団体による実行委員会の主催。広島の灯籠流しと同時刻に行われている。

 新日本婦人の会の菊地葉子代表は、「64年前に広島に原爆が投下されました。あのような忌まわしい戦争が起こらないように誓い合いたい」と挨拶し、19:00ちょうどに、平和の文字を刻んだ赤や黄色の灯籠を流し始めた。

 小樽の観光名所である小樽運河の倉庫群のライトアップは消され、夜の闇に包まれる中、「戦争のない世界」や「世界に平和」と願う約100基の灯籠が、運河の水面を静かに流れた。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


夏を満喫!いかだレース大会

6,000基の灯篭に祈り!おぼん万灯会

みんなで盆踊り!龍宮神社境内で復活

艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈