長引く定山渓線通行止め 夏休みの利用不可 (2009/08/05)

 小樽と札幌定山渓を結ぶ道道小樽定山渓線が、7月29日(水)に四ツ峰トンネル内のコンクリートの壁面が剥離したため通行止めとなっているが、これが長引き、今夏の利用は出来なくなったことが分かった。

 この通行止めは、7月29日(水)朝に、四ツ峰トンネル内のコンクリートの壁面の一部がはがれたため行われている。区間は、朝里ダム記念館~定山渓温泉街から約2.5km地点にある朝日橋の約30km。

 同道路を管理する札幌市南区は、8月5日(水)、四ツ峰トンネル(1,470m)の調査・分析を9月30日までに行い、その後補修工事のスケジュールを決めると発表した。

 これにより、小樽と定山渓温泉を結ぶ主要な観光道路の通行止めが長引くことになり、開通スケジュールのメドが立っていないことが明らかにされた。

 札幌市南区は、「通行止め解除の時期は、未定です。平成21年(2009年)9月30日までに調査・分析を行い、その結果を基に、補修工事のスケジュールが決まり次第、平成21年(2009年)10月1日以降の交通規制に係る期間等に関してお知らせします」と、ホームページに掲載した。

 関連記事

 札幌市南区通行止め情報

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈