市経済動向調査 前年比較「悪化」した51.9% (2009/07/31)

 小樽商工会議所は、今年度の第1・四半期(4月~6月)の小樽市経済動向調査アンケート結果をまとめた。

 同調査は、同所が市内企業の協力を得て実施。対象企業は239社で、回答したのは145社。このうち、製造業43、卸売業14、小売業11、観光・サービス業34、運輸・倉庫業19、建設業24社となっている。

 全業種の前年同期と比べた今期の状況は、「業況」については、全業種平均で「好転」したとする企業が6.1%、「悪化」したとする企業が51.9%で、良いとした企業の割合を悪いとした企業の割合が大きく上回り、DI(ディフュージョン・インデックス 景気動向指数値)は▲45.7(前年4~6月 調査数値▲44.2)でDI比は1.5ポイントマイナス幅を拡大した。業種別にみると小売業、観光・サービス業、建設業におけるDI比はマイナス幅を縮小したものの、製造業、卸売業、運輸・倉庫業ではマイナス幅を拡大したとしている。

 A4版20ページに及ぶ同調査の結果は、商工会議所HPにアップされている。こちら

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


着実に進む雪解け 春の滝出現!

心に響くパフォーマンス!小樽太鼓フェス

第8回歩くスキーと雪あそびの集い

ゴマフアザラシ"モエ"初産!おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈