小樽美術館「画家たちのパリ展」 来場者2,500人に (2009/06/23)

paris2500.JPG 5月23日(土)から始まった市立小樽美術館(色内1)の開館30周年記念特別展「画家たちのパリ展」の来場者数が、6月23日(火)、2,500人に達した。

 特別展は、小樽から渡仏した3人の洋画家と、パリで芸術に身を捧げた画家たちを紹介している。

 同館では、約5,000人の来場者を目標としている。開催期間のちょうど折り返しとなった6月23日(火)、目標の2分の1となる2,500人目を数えた。

 2,500人目に同館に来場したのは、江別市の大北直子さん(62)。道内旅行中に小樽に立ち寄り、同館を訪れた。「当時、パリに行って勉強した小樽の人がどんな絵を描いたのか見たくて、この特別展には来たいと思っていた。ちょうど小樽を寄ったので、美術館に来てみたら、2,500人目だと言われて驚いた。すごく嬉しい」と感動の様子だった。

 大北さんには、同館から特別展の図録(1,700円)、北一硝子のグラス(2,400円)、小樽バイン食事券(2,000円)、中央バス1日乗車券(1,500円)の記念品が贈呈された。

 関連記事

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


ゴマフアザラシ"モエ"初産!おたる水族館

後志管内24団体集結!吹奏楽フェスティバル

6年間を思い出に! 緑小卒業式

春日和に賑わうおたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈