「伝えたい小樽の風景」を募集 市民生活ガイド (2009/06/10)

shiminguide.jpg 財政難の市に代わって、広告収入だけで「小樽市民生活ガイド」の発行を進める市内の広告代理店3社による共同企業体は、市民参加企画として「伝えたい小樽の風景」を募集している。

 市民生活ガイドの発行のために市と協定を締結したのは、株式会社北海道広告社(前野晃寛代表取締役)・株式会社オープラン(小笠原眞結美代表取締役)・株式会社北日本広告社小樽営業所(角野由和所長)の3社。

 これまで市は、このガイドブックのほかに、小樽市子育てや介護保険、家庭ごみ・資源物の分け方など、5種類の冊子を毎年発行している。これを、今回、1冊にまとめ、民間の広告代理店による広告収入で発行経費を賄い、市の経費を約400万円削減する。

 今年度発行する市民生活ガイドは、A4版約200ページ・フルカラー。70,000部印刷し、市内全世帯に配布する。8月中旬完成予定。この編集・印刷・発行・配布を、共同企業体の3社が、約1,500万円の広告収入で行う。6月10日(水)現在、当初予算に対して80%以上の広告掲載が決定しているという。

 今回、「市民が参加できる企画はないかと考えた」と、観光情報誌に載っていない普段の小樽の風景を募集し、このガイドブックの見開きページに10点掲載することにした。これにより、l新たな小樽の風景の発掘も狙っている。

 応募は、小樽在住者限定。「あなたが伝えたい、自然、街並み、街角、建造物、公園などの風景」と、郵便番号・住所・氏名。年齢・電話番号を記入し、はがきかメールで。風景の記入は、「○○山から見た○○方面の景色」や「入船○丁目○○商店あたりの街並み」。

 応募のあった風景は、プロカメラマンが撮影する。採用された人には、特製絵はがきのプレゼントがある。締切は、6月25日(消印有効)。

 郵送は、〒047-0031 小樽市色内1丁目9番6号 オー・プラン内 小樽市民生活ガイド発行共同企業体事務局 「伝えたい小樽の風景係」まで。メールは、hp@o-plan.com。問合せ:0134-29-1003 

 関連記事

tsutaetaibasyo.jpg

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


小樽龍宮神社例大祭!

レバンガ・折茂選手 さくら幼稚園へ用具寄贈

青空に3,040人のランナー! 運河マラソン

和を遊ぶに800人! 伝統文化に大喝采

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈