市能楽堂一般公開始まる (2009/06/01)

 小樽市能楽堂の一般公開が、6月1日(月)から始まった。

 市能楽堂は、小樽公園内の市公会堂(花園5)に設置されている。1926(大正15)年に佐渡出身の実業家岡崎謙氏が自邸(入船)の庭に建てたもので、1954(昭和29)年岡崎氏の死後、小樽市に寄贈された。この後、1961(昭和36)年の公会堂移築と同時に現在地に移された。1985(昭和60)年に小樽市の歴史的建造物の指定を受け、1993(平成5)年から市が一般公開を行ってきた。

 2007(平成19)年度からは、「イオンディライト・大幸総業グループ」が市民会館・市公会堂・市民センターの3施設の指定管理者となり、この一般公開を継続し、能団体などの公開練習やライトアップコンサートなどの自主事業を開催している。

 今年は、各団体の公開練習をはじめ、「語りの世界 チェンバロの響き」(7月18日)、「おたる遊幻夜会vol.1 遠き橋懸かり」(8月14日~16日)、「萬狂言 現代狂言Ⅲ」(8月14日)の公演プログラムが企画されている。

 公会堂では、期間中、岡崎家寄贈能装束や公会堂・能楽堂歴史の写真などが展示されている。「外沢照章 能面展」(8月1日~9日)の開催もある。

 一般公開は、8月31日(月)9:00~17:30まで。

 小樽市能楽堂の一般公開

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


豪華客船2隻目!パナマ船籍“ブレーメン”寄港

"第72回招魂祭" しめやかに挙行

自慢の喉を披露!民謡決勝大会

美術館にセラピードッグ集合! 活動を紹介

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈